神奈川県・湘南・藤沢市・鵠沼海岸で、天然石で、ブレスレット・パワーストーン・アクセサリーやジュエリーとして、シルバーやゴールド等で、制作・店舗販売と通販をしています。


by a-plus-l

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

b0162388_2031551.png

外部リンク

カテゴリ

全体
*天然石アクセサリー*
*店舗*
*日記*
*ウェブショップ*
*手作り雑貨*
*見えないことも大切*
*石*
*おいしい♪
*シルバーアクセサリー*
*草花*
☆カラーリーディング料金
☆占い料金
*陶器*
*音楽♪
*古民具*
*震災*
*カラーリーディング*
*占い*
*バリ島*
・レッド
・ オレンジ
・イエロー
・ピンク
・グリーン
・インディゴ(ロイヤルブルー)
・ブルー
・パープル
・ホワイト(クリアー)
・マジェンダ
・ターコイズ
☆アロマハンド料金
*介護*
宇宙・地球
チャクラ
未分類

以前の記事

2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
more...

フォロー中のブログ

花と光と
Treatment Ro...
日々是カカラ
saran_toya-月...
鵠沼海岸路地裏こっそり教...
遥かなる月光の旅
GOURD+m日記
kito*ka

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

タグ

その他のジャンル

i2iエキサイトアクセス解析

本断食

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

小さいと思うことに目を…

4月2日(土)は自由が丘のスリムビズアカデミーさんのイベント出展でお休みを頂きます。
詳細はもうしばらくお待ちくださいm(_ _)m

また4月19日(火)~22日(金)の4日間のお休みを頂きます。
「都合により…」とさせていただこうと思っておりましたが、不思議な出会いで分かったこと、気付いたことがあったため、せっかくなのでお話させて頂きます。

4月下旬の休業についてですが、わたしの母方の祖父が沖縄のある島で戦死しておりまして、その慰霊祭が島で行われるため、年老いた母とその姉妹である叔母たちに同行しようと思ったからです。

祖父とはいえ、戦死のためわたしは生まれる前のこと、祖父の人柄は聞くことだけで、実感はなく
慰霊祭に参列する母や叔母のこと、またわたし自身のご縁ある土地の沖縄に行って確認したいことなど、今生きてる人のことに注目しての計画をたてていました。

b0162388_194646.jpg

      <島の役場のHPから画像お借りしました。きれいな空。>
その流れが変わる出来ごとは、先週金曜の夜、突然やってきました。
ある方のご友人が沖縄のウタキ(琉球の信仰の聖域)の写真展をされるほど、沖縄に詳しいとのことで、沖縄でのスケジュールについて相談したいことがあり、電話をさせて頂くこととなりました。

そちらの話の流れで、あれよあれよと言う間に次の方につながり、その日のうちにいつの間にか、わたしは久高島の神人(カミンチュ)と言われる方で、全国の神社で願い人として平和を願って歌やスクリーン上映などをされてる方と電話で話をしていました(@ @;)!

いろいろなお話をさせて頂きましたが、話の中で祖父の慰霊祭に参加するのに、祖父の遺品や遺骨のこと、母たちの話の中で「無いのだな~」と想像していただけで、正確にしらなかったことに気付きました。その島では未だに遺品が出てくるそうですが、その取り扱いに苦慮する時期となって来てるということでした。

金曜夜のため、役場への確認は今日となって、遺品を探すことが出来るかどうかだけを聞いてみるつもりで、連絡をしてみました。
遺品については、風化もあり、人を特定出来る品は1つもないそうで、良い展開は望めなかったのですが、役場の方が親切な方たちで、祖父の名が慰霊碑にあるかどうかを確認しに行ってくださいました。

祖母が生前、何度か通った慰霊祭、沖縄の平和記念公園には刻まれていたため、当然その島の慰霊碑にも祖父の名があるものと思っておりましたが、その慰霊碑に祖父の名はなく、祖母が最後に島に渡った以降に創られたそうで、役場の資料にもなぜか残っておらず、こちらで戸籍などの資料を取り寄せて慰霊碑に名を刻んて頂くこととなりました。
慰霊祭のときに資料を持参しようと考えておりましたが、ご親切にも役場の方は「いえ、慰霊祭に間に合うように」と・・・(T T)あたたかいです。

祖母が生前、よく「沖縄ん人は、みんな優しくて、あたたかくて良くしてくれるんだよ。」と繰り返し言ってましたが「どこの人でも人によって優しくてあたたかいよ」と子供心に思っておりましたが、本土のわたしたちよりも戦争、特に地上戦で傷ついた沖縄の人たちに戦争への傷も本土よりも深く、それゆえにやさしさも人一倍、平和への祈りも大きいことにつながってるのかも知れません。

宮崎に暮らす叔母にすぐに連絡を取って、資料の手配を頼みました。
これで無事に間に合えば、慰霊碑に祖父の名を見ることが出来るかもしれません。

「一見、小さなことのように見えることから手をつけなさい」と2~3日前に目にしました。小さなことではないですね。

「おじいさまのご供養、今後、あなたがやらなくては誰がやるのですか。次の世代はあなたですよ。」
神人さんに言われた言葉が響きます。
本当におっしゃる通りです。祖母、母たちにまかせっきりでした。
祖父なしで今のわたしは無いのですから…自身のことばかりに目がいってたことに気付かされました。



今回、つないで下さった方々、久高島の神人の方、本当にありがとうございましたm( _ _ )m


遺骨も遺品も家族に届けれらなかった祖父ではありますが、せめて亡くなった地の慰霊碑に名を残すくらい誰かにしてもらいたかったのだと思います。鈍かったわたしを許してやってください、おじいちゃん。

電話で話をさせていただいた金曜の夜から酷い咳が出続け、今朝は久々に頭痛と微熱と咳で目が覚め、薬でだましだまし店に出させて頂きましたが、今はスッキリとして咳も出なくなりました。
これに気付くまでのお仕置きだったのかも知れませんね。



写真で見るとハンサムで聡明なキリッとした祖父、孫としては少しでもあやかりたかったのですが、少しも遺伝していない様でございます(^-^;)>


4月の下旬、沖縄の報告させて頂きます♪
[PR]
by a-plus-l | 2011-03-28 19:23 | *見えないことも大切*